読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅は五感全開で!パワースポットから秘境まで、フェニックスを探して。

旅は最高の冒険、遊びです。自分の成長にもつながったりします。オリジナルな旅こそ本当のツーリズム!人それぞれ「自己流旅」のススメと、旅の記録です。

閉洞した幻の探検洞と、岩手のキャンプ場で出会った2人

f:id:lookoutpositive:20170225154845j:plain

今は閉洞してしまった岩手県岩泉町の「氷渡探検洞」

 

旅に出ると、必ず「一期一会」的な出会いがあります。

旅先で出会う人たち、多分もう一生会わないだろうなぁって人との関わりが、いつまでもずっと記憶に残ることは多いです。

(今はSNSとかで繋がってしまうかもしれませんが)

 

もう10年以上前になりますが、岩手県の鍾乳洞巡りしたことがありました。

有名な「龍泉洞」からマイナーな「安家洞」、そして「氷渡探検洞」という、少人数予約制で中を探検できる鍾乳洞(残念ながら平成22年に閉洞したみたいです)まで。

 

まず「安家洞」

f:id:lookoutpositive:20170225154014j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225154029j:plain

 

「安家洞」はマイナーですが、総延長8kmで日本一の鍾乳洞らしいです。

岩手は鍾乳洞天国でもある。奥からは湧き水が。

 

f:id:lookoutpositive:20170225154934j:plain

 

安家洞の入口にあった食事処?このザ・田舎って感じがいいですね。

 

そしてこちらが ↓ 残念ながら今は見ることのできない貴重な鍾乳洞です。

「氷渡探検洞」

f:id:lookoutpositive:20170225154540j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225154551j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225154633j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225154639j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225154655j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225154703j:plain

 

なんていうか冷気、霊気がすごかったですね。

普段人があまり出入りしてないし…

 

f:id:lookoutpositive:20170225154855j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225154905j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225154914j:plain

 

この今はもう入れない「氷渡探検洞」には、キャンプ場があります。

鍾乳洞探検したあと、ここのキャンプ場に一泊しました。

予約制で管理人は不在。

 

岩手県北部の山ん中ですから、マイナーです。

ツーリストもあまりいません。

確かこのときはお盆だったんですが、そういうマイナーなキャンプ場ですので、最初は私たちしかいませんでした。

(真っ暗なキャンプ場に私たちだけ、というシチュエーションは何回かありました)

 

f:id:lookoutpositive:20170225160937j:plain

 

そのうち車が2台来て、お兄ちゃんが2人、テントを立て始めました。

どうやらこの日は、お兄ちゃん2人組みとうちら2人組だけらしく。

 

私たちは準備がいいかげんなので、キャンプ用品もろくに揃えず、キャンプ場で作る料理の具材と鍋、マッチと燃やす新聞紙しか持ってきてませんでした。

雨も若干降っていて、薪になるような枝を拾って集めたんですが、濡れてました。

 

案の定、火は燃えず。

 

で、見かねたお兄ちゃんが、着火剤や薪をくれたんです。

鍾乳洞ばかりある山の中です。近くに店はおろか民家もありません。

あわや何も食べられなかったところを、地獄に仏でした。

 

f:id:lookoutpositive:20170225161658j:plain

 

最初は私たちもよそよそしかったんですが、そこから一気に打ち解けました。

 

f:id:lookoutpositive:20170225162400j:plain

 

話を聞くと、2人は大学時代の友達なんだそうです。

でも卒業と同時に就職やらで遠く離れてしまい、仕事も忙しくて滅多に会えなくなるから、年に1回、お盆にこのキャンプ場で会おうと約束したんだそうです。

(織り姫と彦星みたいな…)

だから連絡を取らずとも、2人は毎年お盆にこのキャンプ場に来るそうです。

「来れば必ずいるから」って。

何か感動してしまいました(泣)

 

f:id:lookoutpositive:20170225161717j:plain

 

信頼ありますよね。

友情って色んなカタチがあると思うんですけど(数だけ多けりゃいいとか)、この2人みたいに静かだけど絆の強い友情ってすごくイイと思います。

 

今も続いてるんでしょうか。

結婚しててもおかしくない年になられたとは思いますが…

 

そして私らはバカなので、食事はお兄ちゃんたちのお陰で何とかなったんですが、バンガローだから電灯ぐらいあるだろって思ってたら見事になくて。

携帯用の懐中電灯しか持っていかなかった私たちは、真っ暗なバンガローの中一夜をすごすことに…

怖くてトイレも行けませんでした(真っ暗なので)。

 

f:id:lookoutpositive:20170225161727j:plain

 

私たちはこのあと青森へ向かったので、早めに出発しましたが、2人は1日ゆっくりするそうです。確かに昨日は私たちよりも遅く夜着いたようだったし…

確か仕事を終えてすぐ、ここに直行してるって言ってた気がします。

ロマンチックだな〜

名字も聞いたんですが忘れてしまいました。

その節は本当に助かりました。

 

f:id:lookoutpositive:20170225164042j:plain

 

 

f:id:lookoutpositive:20170225164051j:plain

 

f:id:lookoutpositive:20170225164102j:plain

 

あれ以来コチラを訪れたことはないんですが、「氷渡探検洞キャンプ場」は今もやってるらしいので、また行ってみようと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村